初心者でも出来るホームページの作り方ガイド

WordPress専用サーバー「Wpx」の使用方法

2016-02-19_130044

Wpxはエックスサーバー社が運営する「WordPress」に特化したサーバーです。

WordPressを利用したサイトしか運営できないですが、その代わり

  • 表示スピードの高速化
  • セキュリティ
  • バックアップ

とWordPressが抱えやすい3つの問題を強くサポートしています。

特にGoogleが検索結果に「表示スピード」の重要性を語る現在、扱い方によっては静的サイトに比べて表示スピードが遅くなるWordPressサイトをリバースプロキシキャッシュ処理で高速化してくれるのは非常に助かります。

WordPressを高速化するWpxサーバー

月額500円で安心を。Wpxクラウド

Wpxは通常のタイプと「クラウド」という2種類のサービスが用意されており、「クラウド」は1サイトのみの運営となりますが月額500円、初期費用無しで利用できます。

さらに、サイトが順調に成長して容量が足りないと感じたら上位プランに変更出来るという柔軟性を持ち、「まだ予算をかけられない」というこれからWordPressでサイトやブログを始める方には最適なサービスです。

Wpx・Wpxクラウド・エックスサーバーの違い

Wpx・Wpxクラウド・エックスサーバーの違いは以下の通りです。

  エックスサーバー Wpx Wpxクラウド
比較プラン X10 スタンダード グレードA
初期費用 3,000円 2,500円(時期により) 0円
月額費用 1,000円 1,000円 500円
容量 200GB 30GB 10GB
独自ドメイン 無制限 10 1
データベース数 50 10 1
転送量(目安) 50GB/日 50GB/日 300GB/月
WordPress簡単インストール
使いやすさ
サイト エックスサーバー wpXサーバー

通常のエックスサーバーは複数のWordPressの運営や通常の静的サイトの運営も可能なマルチタイプのサーバーです。

それに対し、各スペックは劣りますがWordPress独自の機能をもったのがWpxであり、その縮小版がクラウドというイメージになります。

クラウドは、「サイトの運営は1つのみ」という事と「メールアドレスは作成できない」という点に予め注意して下さい。転送量は一番安いグレードAで300GB/月となっており、目安としては月30万PVくらいのアクセスとなります。

このアクセスを超えてきたら上位のグレードB(月1,000円)に変更を考えた方が良いかもしれません。

2016-02-19_205255

引用:http://www.wpx.ne.jp/hikaku.php

Wpxの利用方法

今回はWpxクラウドの方で使用開始からドメイン設定、WordPressのインストールまでを説明します。

2016-02-19_140805

wpXサーバー

上記のサイトで「Wpxクラウド」を選択します。

2016-02-19_130044b

「まずは無料お試し14日間」の「新規お申し込みをする」をクリック(14日間は無料で試せます。)

2016-02-19_130134

「お申し込みフォーム」をクリック

2016-02-19_195623

規約に同意して、メールアドレスを登録します。

2016-02-19_130733

確認メールが届くのでチェック

2016-02-19_200051

届いたメールの「お申し込みURL」をクリックします

2016-02-19_130404

任意のサーバーID名を決めて申し込みします。(ID名は早い者勝ちの為、既に使用されている場合は使用されていないID名を探します)

2016-02-19_130623

申し込みフォームで必要事項を記入して

2016-02-19_130603

プランを「グレードA」にして確認画面へ

2016-02-19_130704

会員登録を確定します。

2016-02-19_130733

登録したメールアドレスに「会員登録に関する情報」メールが届きます。

2016-02-19_131141

管理パネルのURLをクリック

2016-02-19_131203

①に会員ID又はメールアドレス、②に登録時に決めたパスワードを入力して管理画面にログインします。

Wpxにドメインの追加

2016-02-19_131307

まずはドメインの設定をします。
ドメインをまだ取得していない場合は先に取得をしてWpxにネームサーバー設定しておきます。

ドメインの取得とネームサーバー設定について

2016-02-19_131622

「ドメイン追加」より「他社管理のドメインを追加する」を選択

2016-02-19_131713

①ドメインを入力して②「ドメインの追加(確認)」をクリック

2016-02-19_131944

「確定」で登録完了です。

WpxクラウドへWordPressのインストール

2016-02-19_132009

その流れのままWordPressのインストールが出来ます。
「追加したドメインにWordPressをインストールする」をクリック

2016-02-19_132201

①でドメインを選択
②に任意のID名(※ログイン時に必要)
③「サイトのタイトル」(あとから変更可能)
④「メールアドレス」を入力

して⑤「次へ進む」をクリック

2016-02-19_132240

「(確定)WordPressをインストール」をクリック

2016-02-19_132305

以上で完了です。

必ず①の「管理ユーザー」と「パスワード」をメモして下さい。
※ログインに使用します。

「アプリケーション設定画面へ」をクリック

2016-02-19_132909

「ブログ管理ツール」のURLがWordPressの管理画面です。

※反映には少し時間がかかる場合があります。

国外IP制限によるダッシュボードに入れない場合

2016-02-19_132932

上記のような画面になったら「国外IPアクセス制限」にひっかかっています。
僕も日本で使用していますがひっかかります。

2016-02-19_133130

こういう場合は仕方ないので「管理ツールの国外IPアクセス制限」にて「ダッシュボードアクセス制限を無効化する(確認)」をクリックして無効化します。

以上で全て完了です。

ドメインの反映(ネームサーバー設定をWpxに)

2016-02-19_204023

Wpxやエックスサーバーを利用する場合は同じ会社のドメインサービス「Xdomain」を使用すると便利です。

上図の検索フォームで好きなドメインを取得して下さい。

ネームサーバーの設定方法

取得したらドメインのネームサーバーを「Wpx」に設定します。

2016-02-19_131411

①「契約ドメイン一覧」にて使用したいドメインを選択して②「ネームサーバーの確認・変更」をクリック

2016-02-19_131427

「ネームサーバーを変更する」をクリック

2016-02-19_131446

「Wpxレンタルサーバー/Wpxクラウド」を選択して②「確定」

2016-02-19_131818

以上で完了です。

Wpxにドメインを追加に戻る

人気記事

kawaii 1

以前にWordPressテーマ「STINGER PLUS+」を公開した際に作成したサンプルサイトが「可愛い!」と特に女性の方から非常に好評をいただきました。 今回の参考サンプルサイト ただ現在「STI ...

2

ホームページを今まで沢山作ってきましたが、リニューアル案件以外の方はやはり「予算重視」である場合が多く、こちらの言う「大切」な事とか「重要な事」なんていう意見は「わかっているけど・・・」とはいうものの ...

tonkotu 3

今回はまず、ベースとなる「ホームページのタイトル」の考え方と下層ページコンテンツに何を作るべきかを考えていきます。 「タイトル設定」はまず最初に行うべき事であり、またホームページの命運を分ける最重要項 ...

投稿日:2016年2月19日 更新日:

Copyright© ホームページ作成なら無料テンプレートのmicata(ミカタ) , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.