売上UPの情報サイト

仮想通貨 投資

2018年 仮想通貨(ビットコイン)おすすめ取引所 ~ まだ間に合う!? "再バブル"に備えよう

更新日:

2018年、仮想通貨がまさに現在の「お金」の形を変えようと動いています。

「ビットコイン」「ブロックチェーン」「億り人」などという言葉は話題になっていますが、なんとなく気になっているけどイマイチ実体が掴めずに二の足を踏んでいる方は多いのではないでしょうか?

そんな方にわかりやすく重要点だけをまとめてみました。

「今からでも間に合うの?」

と仮想通貨を始めようかどうか悩んでいる方に参考になれば幸いです。

うさこ
仮想通貨とかよくわかんないし投資とか難しそう・・・
カソウ
そうだよね。でも、「投資」というものを知る切っ掛けとして始めるのもいいんじゃないかな。

2018年仮想通貨の重要ポイントをざっくり説明

インターネットに次ぐ革命が起きようとしている

管理者が存在しない通貨

ビットコインはインターネット上で使える新しい形のお金で仮想通貨(海外では暗号通貨)と呼ばれています。

仮想通貨の大きな特徴は「管理者」がいないことです。現在の通貨システムの全てが日本銀行や中央銀行など管理者が存在しますが、仮想通貨(ビットコイン)はどの国の政府も金融機関も関与せず、いわゆる管理者による政策に価値を左右されることなく「決められたルール」のみに従い淡々と動いています。これらを可能にしたのが「ブロックチェーン」という仕組みです。

ブロックチェーンが安全な理由

  • 書き換える中央サーバーが無い
  • 過去のデータが全てチェーン状で繋がっている
  • 一番長いチェーンが正しいというルール

「ブロックチェーン」の技術の詳細に関してはここでは割愛しますが要は「改竄(かいざん)が不可能な仕組み」と考えていただければと思います。

カソウ
「ブロックチェーン」技術の登場により仮想通貨の安全性が保たれているんだ。

仮想通貨(ビットコイン)の何が凄いの?

手数料不要、リアルタイム送金の世界

仮想通貨のメリットは銀行口座が無くてもお金をダイレクトに送金でき価値の貯蔵もウォレットで行えることです。

つまり、今まで銀行を介してしか行えなかったことがダイレクトで個人で行えるようになるのです。

  • 最大メリットは海外送金。従来銀行を通じて数千円かかった送金手数料がビットコインなら十数円程度
  • 通常は数日かかる反映が365日ほぼリアルタイム
  • ビットコインには国家という概念がないので為替レートや為替手数料が存在しない
  • 仲介者や財団を通さずにダイレクトにお金を届けることができる(災害時、TwitterなどでQRコードをアップするだけで寄付が可能)
カソウ
仮想通貨のサービスが広がればクレジットカードの手数料も必要なくなり、入金も1ヵ月後だったものが早ければ1日で入金されることも夢じゃないんだ
うさこ
へぇ~、仮想通貨ってめちゃくちゃ便利なのね
カソウ
そう。僕たちが見ているのは決してお金が動いているということだけじゃなく、インターネットのように"世界の未来を変える"革命の瞬間なんだよ

なぜ急激に流行しているの?

中国の存在

2009年に稼働したビットコインが急激に拡大したのには中国の存在が大きいのです。

通貨安が進む中国元での資産保有に不安を感じた中国富裕層の資産逃避先としてビットコインに注目が集まったためです。(中国ではドルやユーロなどの外貨購入は1人年間5万ドルまでと制限されているため)

カソウ
2017年2月に資本流出を危惧した中国当局が監視を強化したことで中国国内でのブームは沈静化しつつあります。

お金と仮想通貨の違い

円やドルとの違いは何?

  仮想通貨 法定通貨
発行者 なし(政策に左右されない) 中央銀行・国
発行上限 あり(ビットコインは約2,100万BTC) なし
信用の担保 ブロックチェーン 国の信用力
偽造 困難 可能

仮想通貨は円やドルなど国の法定通貨と異なり政策や国の情勢に左右されることがなく、また発行上限が決まっているため、インフレの心配がありません

電子マネーと仮想通貨の違い

  仮想通貨 電子マネー
発行者 なし(365日いつでもOK)あり (Suica・nanacoなど)
個人間のやり取り 可能 不可能

電子マネーは一般的に支払いのみを想定しており、個人間のやり取りは出来ないのに対して仮想通貨は支払いはもちろん、個人間のやり取りも可能です。

ビットコインの買い物は?

現在ビットコインがお金として使用できるのは2500店舗ほど。例)DMM、イーベイ、スタバ、マイクロソフト、デル

ビットコインのデメリットは?今までの仮想通貨のリスクについて

ビットコインには、デメリットも存在します。以下が今まで懸念されていたリスク事項です。

ボラリティ

ボラとは相場の変動幅や変動率を意味します。仮想通貨は変動が大きいので通貨に適さないと言われる面があります。ただこれを解決するプロジェクトがいくつも立ち上げられています。

スケーラビリティ

ブロックサイズの制限による処理の1日の限界に関する問題。これもいくつかの解決策が提案されています。

スピード(処理能力)

ビットコインのブロックの生成時間、つまり承認時間は約10分となっています。これは国際送金などであれば速いのですが店舗決済だと実用的ではありません。これらもビットコイン拡張プロジェクトやアルトコインにより解決しようとしています。

その他のリスク

  • 信頼されなくなるリスク
  • ハッキングや不具合が起こる可能性もゼロではない
  • 取引所リスク(ハッキングなどによる流出)
  • 自分のウォレット(スマホ)などのハッキングリスクやパスワード紛失による損失
うさこ
やっぱり実用化にはいろいろ問題があるのね
カソウ
でも、それらを改善しつつ進化した「アルトコイン」と呼ばれる通貨がどんどん生まれてきているんだ

リスクを改善、進化するアルトコイン(草コイン)、ビットコイン2.0の登場

ビットコインはプログラミングにより開発されたソフトウェアなのでアップデートが可能で現状の問題改善のために現在進行形で世界中のエンジニアが開発を行っています。

またビットコインはオープンソースのソフトウェアである誰にでも複製可能であり、新しい仮想通貨を作る事が可能です。そのように、問題点を改善、アップデートを加えながら作られたビットコイン2.0アルトコインが次々に産まれています。

仮想通貨の歴史はまだ始まったばかりなので今後、主流になるコインが生まれる可能性が十分にあるのです。

アルトコインとは

ビットコインの開発ソースをフォーク(分岐して別の独立したソフトウェアを開発すること)して開発されたコインでビットコインと同じような性質や機能を持っています。中にはビットコインとは異なる独自の性質・機能を持つコインも生まれています。

主な仮想通貨の種類

ビットコインやアルトコイン(草コイン)の特徴や違い

ビットコインを始めとしたアルトコインなどの仮想通貨は全部で1000以上存在すると言われており、現在進行形で増え続けています。

ここでは国内の取引所で扱える主要銘柄を紹介致します。

名称 特徴
BTC(ビットコイン)  サトシ・ナカモト氏によって生み出された初の仮想通貨
LTC(ライトコイン) 元Google社員のチャールズリーにより開発された。取引承認時間がビットコインの1/4なのが特徴
ETH(イーサリアム) 「スマートコントラクト」と呼ばれる契約情報を記録できるのが特徴
ETC(イーサリアム・クラッシック) 2016年7月にイーサリアムから分離した仮想通貨
LISK(リスク)  サイドチェーンという技術により性能が向上。過去に遡り修正できる柔軟性もポイント
FCT(ファクトム)  承認時間などがビットコインに依存しているためビットコイン2.0とも呼ばれる。文書管理をブロックチェーンで実現するプラットフォームが注目されている
XMR (モネロ)  バイトコインをフォークして作られた取引履歴の追跡が困難な匿名性の高いコイン。
REP(オーガー)  未来の予想を当てた人が配当を受け取る仕組み
XRP(リップル)  Googleが出資していることで話題に。国際送金に利用するブリッジ通貨としての役割を期待されている
ZEC(ジーキャッシュ)  「ゼロ知識証明」という技術を用いて取引を暗号化する匿名性が特徴。※高い匿名性がマネーロンダリングに利用される懸念が指摘されている
XEM(ネム)  独自トークン発行、分散型取引所、マルチシグネチャー、メッセージ送信などが可能
DASH(ダッシュ)  バイトコインをフォークして作られた匿名性の高いコイン。送金を数秒で完了する処理速度の速さも特徴。
BCH(ビットコインキャッシュ)  ビットコインが分裂して生まれたコイン。ビットコインと比較して処理能力が8倍に拡大可能
MONA(モナーコイン) 掲示板2ちゃんねるのソフトウェア版にてわたなべ氏によりライトコインベースで開発。Pixivやニコニコ動画で使用されている。
うさこ
全然わからないわ・・・
カソウ
そうだね。僕も最初はチンプンカンプンだったけど、いざ少しでも投資をしてみると情報にも興味が持てるようになって少しづつわかることが増えていくよ。

おすすめの仮想通貨、アルトコインは?

何が上がるのか?は正直誰にもわかりませんが、好材料が発表されると上がる素直な相場となっているので「情報戦」ともいえる現状です。

個人の見解としてはこのバブルに便乗した怪しいコインよりもそれぞれの思想や目的をもって開発をしている

  • XRP(リップル)
  • ETH(イーサリアム)
  • NEM(ネム)
  • LISK(リスク)
  • DASH(ダッシュ)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)

あたりが将来的に期待できるんじゃないかなと思っています。

※あくまでも個人の見解です。投資は自己責任で行ってください

「億り人(おくりびと)」って?

2017年9月より年末にかけて仮想通貨の相場はどのコインを買っても爆上がりするまさにバブルとなっていました。株や投資に詳しくない人でも朝起きたらお金が2倍、3倍になっていることが当たり前という異常状態となっており、含み益が「億」を超える人が続出し、「億り人(おくりびと)」「自由億」などと呼ばれる現象が起きました。

うさこ
おっ億~!!なんだか夢みたい
カソウ
そうだね。まだ若いたくさんの人が巨額のお金を掴んだことで話題になってるんだ。でもまだ仮想通貨は始まったばかり。同じようなバブルが来る可能性は十分に考えられるんじゃないかな。
うさこ
2回目も逃したら悔しいわね・・・

仮想通貨の購入方法

購入から日本円に戻すまで

  1. 取引所でアカウント開設
  2. 日本円を入金
  3. ビットコインを購入(買い)
  4. 日本円に換金(売り)

仮想通貨の購入はやってみると小学生でもできるぐらい簡単です。。取引所に登録して日本円を振込。好きな仮想通貨を購入するだけです。もちろんいつでも日本円に戻せます。

以下は人気の取引所の1つ「CoinCheck(コインチェック)」のスマートフォンアプリの画面です。

24時間いつでもボタン1つで仮想通貨を買ったり日本円に戻したりできます。

カソウ
買った時よりも仮想通貨の価値が上がっていればプラス、下がればマイナスとなります
うさこ
じゃあ、1万円分買って値が下がったら最悪0円になるの?
カソウ
そうだね。無くなっても笑える程度のお金で始めることは大切だよ。

取引所選びで重要な4つのポイント

取引所に関連するトラブルは過去に「マウンドゴックス事件」や「ビットフィネックス事件」があります(後述)。ともにブロックチェーンの仕組み自体に問題があったわけではありませんが取引所選びはとても重要な事項です。

失敗しないためには以下の項目をチェックして取引所を選びましょう。

  1. 安全性・信頼度
  2. 出金手数料
  3. ツールの使いやすさ(売買のしやすさ)

知っておきたい過去の取引所に関する事件

【マウンドゴックス事件】

当時世界70%の取引シェアを誇る最大のビットコイン取引所マウントゴックス(Mt.Gox)の99%(約500億円)が内部不正により消失。2014年にマウントゴックスは経営破綻に。

【ビットフィネックス事件】

2016年8月に香港のビットフィネックス(Bitfinex)が外部からハッキング攻撃を受け約12万BTC(当時約80億円)の流出

販売所と取引所の違い

仮想通貨取引所には「取引所(交換所)」「販売所」の2つがあります。

  • 「取引所」はわかりやすい(いつでも取引可能)だけど手数料が販売所に比べて高い※初心者向け
  • 「販売所」は初心者にはわかりにくい(すぐに売買出来ない場合がある)けど手数料が安い

という特徴があります。

  販売所 取引所
概要 ビットコインなど仮想通貨を販売しているところです。ユーザーは仮想通貨取引所が提示している価格に基づいて売買をします。 取引所は取引所で口座を開設した人同士で売買を行います。自分で売りたい価格でも、買いたい人がいなければ売買は成立しません。
メリット いつでも売買可能 自分が売買したい額を指定できる。スプレッドが狭い。
デメリット スプレッドが広い すぐに売買できない
こんな人に 初心者向け 中級者以上向け

スプレッド(売買手数料)について

スプレッド(売買手数料とは)とは、購入価格と売却価格の差のことで例えば購入した価格が20円で売却時の価格が10円ならスプレッドは10円ということです。※スプレッドは実質的に手数料と同じ

カソウ
手数料は若干かかりますがこれから始める人はまず通常の「取引所」での売買がわかりやすく、おすすめです。

おすすめ取引所 人気ランキング

国内No1の取り扱い銘柄数「CoinCheck(コインチェック)」

第1位

使いやすさ
BTC取引手数料 無料
日本円入金手数料 銀行振込手数料実費
即時入金手数料 756円(3万円未満)1000円(3万~50万)それ以上は入金額×0.108%+486円
日本円出金手数料 400円
BTC送金手数料 0.0005BTC

とりあえず始めたい方は迷わずにまずココでいいと思います。

その理由は「とにかくわかりやすい」「扱える銘柄が多い」に尽きます。

初心者はとにかく簡単に買えて売れることが大切なのでアプリもサイトもわかりやすいコインチェックは万能感があります。細かく言えばコインチェックは手数料的にはZaifの方が得なのですが仮想通貨のやり取りが少しわかったところで増やしていけば十分だと思います。

カソウ
僕も結局ここばかりで取引しているよ

ココがポイント!

  • 扱えるコインが多くわかりやすい
  • ビットコイン取引手数料無料
  • 仮想通貨の銘柄が豊富

取扱通貨

BTC(ビットコイン)/BCH(ビットコインキャッシュ)/BTG(ビットコインゴールド)/ETH(イーサリアム)/ETC(イーサリア・クラッシックム)/LSK(リスク)/FCT(ファクトム)/XMR(モネロ)/REP(オーガー)/XRP(リップル)/ZEC(ジーキャッシュ)/XEM(ネム)/LTC(ライトコイン)/DASH(ダッシュ)/MONA(モナ)

CoinCheck(コインチェック)公式サイト

取引高世界1位「bitFlyer(ビットフライヤー)」

第2位

使いやすさ
BTC取引手数料 0.01%~0.15%
日本円入金手数料 銀行振込手数料実費
即時入金手数料 324円
日本円出金手数料 216~756円
BTC送金手数料 0.0004BTC

2014年1月設立のビットフライヤーも非常に人気の高い取引所です。

株主には3大メガバンクが名を連ねており、顧客やビットコイン保管中のリスクを補填する損害保険を三井住友海上保険と組み、損失補填する保険を発表しています。またビットコインの現物・FX・先物取引、イーサリアムの現物の取引に対応した取引所「bitFlyer Lightning」は大手金融機関よりも強度の高い暗号化通信を使用しています。

取扱通貨

BTC(ビットコイン)/BCH(ビットコインキャッシュ)/BTG(ビットコインゴールド)/ETH(イーサリアム)/ETC(イーサリア・クラッシックム)/LSK(リスク)/FCT(ファクトム)/XMR(モネロ)/REP(オーガー)/XRP(リップル)/ZEC(ジーキャッシュ)/XEM(ネム)/LTC(ライトコイン)/DASH(ダッシュ)/MONA(モナ)

bitFlyer公式サイト

手数料を考えるならお得な「Zaif(ザイフ)」

第3位

使いやすさ
BTC取引手数料 -0.01%
日本円入金手数料 銀行振込手数料実費
即時入金手数料 -
日本円出金手数料 350~756円
BTC送金手数料 0.0005BTC

Zaif(ザイフ)はビットコイン以外の販売所も扱っており取引手数料が安いのが特徴です。

また、コインチェックほど品ぞろえはありませんが「MONA」も扱っているのもポイントです。取引所の登録は無料かつ、数日かかるのでできれば最初にまとめて登録しておくと機会損失がなく安心です。

取扱通貨

BTC(ビットコイン)/BCH(ビットコインキャッシュ)/BTG(ビットコインゴールド)/ETH(イーサリアム)/ETC(イーサリア・クラッシックム)/LSK(リスク)/FCT(ファクトム)/XMR(モネロ)/REP(オーガー)/XRP(リップル)/ZEC(ジーキャッシュ)/XEM(ネム)/LTC(ライトコイン)/DASH(ダッシュ)/MONA(モナ)

Zaif公式サイト

bitbank(ビットバンク)

使いやすさ
BTC取引手数料 無料
日本円入金手数料 銀行振込手数料実費
即時入金手数料 -
日本円出金手数料 540~756円
BTC送金手数料 0.001BTC

追証なしのビットコインFXが可能な取引所。仮想通貨も取り扱っていますがライトコイン、イーサリアムは日本円建ての取り扱いはなくビットコイン建ての取引のみとなりますので注意してください。

うさこ
ビットコイン建てって何?
カソウ
簡単に言うと円ではなく、ビットコイン単位で取引をすることだよ

取扱通貨

BTC(ビットコイン)/BCH(ビットコインキャッシュ)/BTG(ビットコインゴールド)/ETH(イーサリアム)/ETC(イーサリア・クラッシックム)/LSK(リスク)/FCT(ファクトム)/XMR(モネロ)/REP(オーガー)/XRP(リップル)/ZEC(ジーキャッシュ)/XEM(ネム)/LTC(ライトコイン)/DASH(ダッシュ)/MONA(モナ)

2017年4月1日仮想通貨法が制定され今まで以上に安心して仮想通貨を取り扱える環境が整いつつあります。

仮想通貨法

ビットコイン取引所が登録制となり、金融業者としてのコンプライアンスを持つことやシステムのセキュリティ維持の体制などが必要になりました。また毎年、監査法人の監査を受けることも求められます

うさこ
けっきょく私はどこがいいのかしら?
カソウ
仮想通貨は取引所によって扱い銘柄が変わるので出来れば全て登録しておきたいところですが、まずは「コインチェック」を登録しておけば基本的な銘柄は買えるのでおすすめです。
仮想通貨を始める為に必要なモノ

取引所に登録する手順は基本的に共通しています。

  1. メールアドレスの登録
  2. 返信メールアドレスをクリックして承認、ログイン
  3. 個人情報の登録及びアップロード
  4. 審査
  5. 登録住所にハガキが届く
  6. 利用開始

個人情報の登録には

  • 身分証明証(免許証など)
  • セルフィー写真(免許を持った自分の写真)
  • 登記簿謄本(法人の場合)

写真に撮ったデータが必要です。

カソウ
スマートフォンなどで撮って直接アップロードすると簡単ですね

税金について

最後に、仮想通貨の投資で利益が出た場合の税金のポイントは以下のとおりです。

  • 売却した額の利益が課税対象
  • 含み益はなし
  • 雑所得扱い

個人の場合でも20万円以上の利益が出た場合は確定申告の上で税金を支払う義務があります。

2018年仮想通貨は今からでも間に合うの?

アルトコインはまだ上がり続けている

仮想通貨の相場は2017年年末ほど情報傾向ではなくなり、上がったり下がったりを繰り返してます。

今後の仮想通貨がどれだけ世界の実際の仕組みとして入り込んでいくのかという実用性でまだまだ化ける可能性を秘めているのは間違いありません。

投資家としても成功されているタレントのボビー・オロゴンさんが以下のように言っていました。

「ボクは投資っていうのは収入が少ないときには少ないなりに、多くなったら多いなりにやるものだと思ってる。そうやって常に自分のお金を相場に置いておくことで、経済のことを本気で勉強するし、知識や経験も増えていく。」

相場としてのバブルは昨年末に比べれば落ち着いていますが仮想通貨自体の開発はこれからどんどん本格化すると予想されます。

年末のように多数の方が勝てる相場がまた来るかもしれません(もちろん来ないかもしれません。)。

僕は長期の投資先として情報を見ていますが何よりもチャンスがまた来た時に指をくわえているだけではもったいなすぎます(取引所の開設には1~数日かかるので

一番大切なのは「イザ」という時に戦う準備ができていないという機会損失です。

口座を作るのは無料です。

取引所に入金してもいつでも銀行に戻せます(数百円の手数料は取られますが)。まずはいつその時が来ても参戦できるように「準備」だけでも済ませておきましょう。

うさこ
「思い立った日が吉日」

CoinCheck(コインチェック)公式サイト

※使いやすさなどのおすすめは独自の見解となります。
※情報は2018年1月現在です。情報は正確性を務めておりますが詳細は各公式サイトでご確認の上、取引は自己責任にて行って下さい

人気記事

1

2018年、仮想通貨がまさに現在の「お金」の形を変えようと動いています。 「ビットコイン」「ブロックチェーン」「億り人」などという言葉は話題になっていますが、なんとなく気になっているけどイマイチ実体が ...

2

ホームページを今まで沢山作ってきましたが、リニューアル案件以外の方はやはり「予算重視」である場合が多く、こちらの言う「大切」な事とか「重要な事」なんていう意見は「わかっているけど・・・」とはいうものの ...

3

今回はまず、ベースとなる「ホームページのタイトル」の考え方と下層ページコンテンツに何を作るべきかを考えていきます。 「タイトル設定」はまず最初に行うべき事であり、またホームページの命運を分ける最重要項 ...

-仮想通貨, 投資

Copyright© 会社のミカタ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.