起業・法人に役立つ強い味方

法人のミカタ

法人化について

1個人が起業をしようと考えた時、考えるべきことや必要なこと、スケジュールなどをわかりやすく解説しています。

知っておくべきこと

法人化のメリットは?個人事業主と株式会社の違いについて

いよいよ起業するのだけど最初は「個人事業主」と「株式会社」どちらがいいのかしら?

事業を始める上で個人事業主で行うか法人化して株式会社などにするかは最初に検討すべき事項です。

以下は2者の主な違いを表にまとめたものです。

個人事業主 内容 株式会社
届出のみ 設立手続き 必要
不要 設立費用 24万円
なし 資本金 0円でも可
自由 事業内容 定款に定める
単式帳簿可 記帳・決算 複式簿記
比較して低い 社会的信用 比較して有利
無限責任 債務への責任 有限責任
加入できない 社会保険 加入できる

表でわかるとおり、法人化するメリットは

  • 社会的信用が高くなる
  • 債務に対して責任が有限である
  • 社会保険に加入できる

というものがあります。

また、収益によっては法人化することでできる節税対策が増えることも魅力のひとつです。

個人事業主のメリットとデメリット

反対に個人事業主のメリットとしては

  • 手続きが簡単(届け出のみ)
  • 初期費用がほとんどかからない
  • 業種内容は自由

という点があげられます。

その代わりに「社会的信用が低い」「債務への責任が無限」であるなど事業内容によっては大きなデメリットもあります。

どちらが良い、悪いではなく自分のやりたいことに応じて選択するのが大切でしょう。

株式会社と合同会社の違い

法人の種類には4つあります。

  1. 合名会社
  2. 合資会社
  3. 株式会社
  4. 合同会社(LLC)

合名会社と合資会社は出資者の中に無限責任社員が存在することが大きな特徴で、これは法人の債務責任が無限ということを意味します。

そのため、結局は株式会社か合同会社(LLC)のどちらかを選択することが無難でしょう。

株式会社 内容 合同会社(LLC)
1円 最低資本金 1円
有限責任社員 最低社員構成 有限責任社員
有限 経営者の責任 有限
3名以上
株式譲渡制限会社は1名以上
取締役 必要なし
1名以上
株式譲渡制限会社は必要なし
監査役 必要なし
91,000円 定款認証費用
印紙税
なし
15万円 登録免許税 6万円
30万程度 司法書士
登記手数料
12万程度

株式譲渡制限会社とは

株式譲渡制限会社とは「すべての株式に譲渡制限に関する規定がある会社のこと」を言います。ある株主が、誰かに株式を譲渡する場合には、取締役会、あるいは株主総会の許可を得なければ譲渡できないということです。この規定があれば、会社が望まない人物に自社の株式をもたせないようにすることができます。

http://j-net21.smrj.go.jp/well/qa/entry/Q0520.html

合同会社(LLC)は平成18年5月1日に新たに認められた会社の形態で定款の認証や株主総会が不要など株式会社よりも簡単に運営できるのが魅力です。

反対に株式会社と比較してデメリット

  • 合同会社の知名度が低い
  • 上場はできない
  • 資金調達の手段も株式会社と比較すると少ない

が主になります。

外資系のAppleJapanなどが「株主総会が不要」などの理由から合同会社を選択したりしています

起業に必要なもの

株式会社設立までの流れ

独立決意

退職届提出

出資金の融資申し込み

退職

社会保険手続き

会社設立開始

類似商号の確認

印鑑作成

定款作成

定款認証

資本金払込み

払込み証明書の作成

許認可申請

資本金の払出し

設立登記申請

登記完了

諸官庁への届け出

事業資金融資の申し込み

不動産契約

内装工事

漆器搬入

開業

会社用の無料ホームページ作成テンプレート

WordPressテーマ

会社用のビジネスサイトやブログサイト作成に便利なWordPressテンプレート「STINGER」を無料で配布しています。

Copyright© 法人のミカタ , 2019 All Rights Reserved.